上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~前回までのあらすじ~

そもそも土偶というのは
PKってか対人戦を体験してみよう!






さて、そんなわけでPKのPKによるPKのためのなにがしかを体験する為に

対人戦主体のゲームをやってみたわしである。



以下にどんなゲームであったかということを説明すると


~一言でわかる人向けの説明~

カードバトル風『信長の野望』


~信長が一体どうしたのかさっぱりわからん人向け~

殿様から城を一つ与えられ、その城の内政や資源開発をして領内を発展させ
そこで得られた資源や兵糧を使ってさらに内政をするもよし、兵士を訓練して合戦するもよし
でも最終的な目標というかゲーム的な目標は、そこで育てたたくさんの兵士を武将カードにのっけて

『同じ境遇の他国所属のプレイヤーの城を落とし、戦功を稼いで殿に褒められる』

である。



自分で書いててわかりやすいんだかわかりにくいんだかよくわからんが、そんなゲーム。



およそTWとは共通点が微塵もなく別次元の世界観であるので
はたしてそんな所での経験が理解に結び付くのか?という疑問もあるだろうが

そういうことに気づいちゃう子は、先生、キライだな。
そういう子は3日間水分をたった揚句食事は全部こんにゃくゼリーです。





ちなみに言えば一切合戦に出ないで内政ばっかりやる平和主義政策もとれるが
それではTWと逆で

何が面白いんだかわかんない となる。

それに対人戦が目標でおっぱじめたってえのに内政バカになっては

目標を見失った人生ってか武将生?になってしまう。





それはまずい。時間の無駄遣いである。

よって、自らの心を強く保つためにも、精神的に背水の陣を敷くことにした。



まずはプレイヤー名の登録と、本拠地となる城の名前を、目標に合致した名前にせねばならないだろう。平たく言えば

決して人に好かれる名前では無く、その可能性がゼロに近い、品性下劣で愚劣で、名前を見た瞬間敵視したくなるような名前。がベストであろうな。



しかしそれが難しい。小一時間ほど部屋をウロウロしながら考える。


候補として仙○官房長官とか上がったが、そいつが大戦果をあげるというのもあまり想像がつかないので、さらに考える。

ゲームを始める前にくたびれてきたが、ここは踏ん張りどころだろう。


が、その意志もあまり長くは持たず、まぁとりあえず人類の半分の敵ならいいだろう(マニア除く)ということで





城主名:列車専門痴漢ロボット
本拠地名:おしりさわり虫
自己紹介欄:2010年中国製 返品不可 粘着系





にした。


うむ、ナイス女性の敵!いいぞ俺!最低だ俺!




というわけで、見事完成した反社会的変態ロボが
獅子奮迅の大暴れを見せ
縦横無尽の大活躍をし
近所迷惑をものともせず
天衣無縫の狂い咲きを見せることを夢見つつも


個人的には遺憾の意を表しながら、次回へ続く。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://daimyousann.blog50.fc2.com/tb.php/78-510b5abf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。