上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結論から書く。


性格・価値観・年齢的に

全く向いてない。





くどくどど理由を書く気は無い。
実際に体験した例を一つ書くだよ。



内政をがんばったよ

兵士をたくさん持てるようになったよ

合戦が始まったよ

よその城に攻め込んだよ

その報告書が来たよ。こんな感じ。







「合戦報告書」
【いやらしマッスィーン】の『列車専門痴漢ロボット』

『にゃん子』の【空き地のみかん箱】
を攻撃しました。

列車専門痴漢ロボット:『被害軽微』
にゃん子:
壊滅

【長尾景虎】隊の攻撃で敵部隊は敗走!見事勝利を収めました!

結果:『にゃん子』の【空き地のみかん箱】 陥落

戦功『122』を獲得しました。





・・・










プレイヤーとかPKとか、そんなことより
人間として何かとんでもない間違いを犯している気がする…。
 




ヴィジュアルとして映画のあらすじかなんかに例えるとこんな感じだろうか。



何かをトチ狂った救いようのない科学者が残りの才能を無駄に使って助平極まりない反社会的ロボットの制作に取り掛かる。神の悪戯か悪魔の計略か、ロボットは完成してしまう。
科学の粋と悲しい奇跡により完成したロボットは、基地外科学者の大きな野望を成すべく動き出した・・・



やったことと言えば空き地でひなたぼっこをしていたにゃんこを蹴散らしただけ。


全米どころかまず俺が泣くわ。号泣するわ。マジで。






などと考えてしまうようではやはり向いてないんだろうなと思う。
その他にもいろいろな手練手管・権謀術数などを駆使して厨二病っぽい子たちを

大人げ0でからかってはみたが、やはり気は晴れない。

ちなみにその後お風呂に行ってる隙に『にゃん子』の逆襲を受け、
陣を2つばかり陥とされたが、まぁそれは言わんとこう。








人をのして優越感に浸れるほど若くもない。
通り越した激怒と教育目的以外で人を叩きのめすことが面倒臭い。
んなわけで向いてないのである。






まぁ再認識できただけでも勉強にはなったかもしれん。
だが3回もかけるほどのネタでもなけりゃオチでもないな。
スポンサーサイト
~前回までのあらすじ~

そもそも土偶というのは
PKってか対人戦を体験してみよう!






さて、そんなわけでPKのPKによるPKのためのなにがしかを体験する為に

対人戦主体のゲームをやってみたわしである。



以下にどんなゲームであったかということを説明すると


~一言でわかる人向けの説明~

カードバトル風『信長の野望』


~信長が一体どうしたのかさっぱりわからん人向け~

殿様から城を一つ与えられ、その城の内政や資源開発をして領内を発展させ
そこで得られた資源や兵糧を使ってさらに内政をするもよし、兵士を訓練して合戦するもよし
でも最終的な目標というかゲーム的な目標は、そこで育てたたくさんの兵士を武将カードにのっけて

『同じ境遇の他国所属のプレイヤーの城を落とし、戦功を稼いで殿に褒められる』

である。



自分で書いててわかりやすいんだかわかりにくいんだかよくわからんが、そんなゲーム。



およそTWとは共通点が微塵もなく別次元の世界観であるので
はたしてそんな所での経験が理解に結び付くのか?という疑問もあるだろうが

そういうことに気づいちゃう子は、先生、キライだな。
そういう子は3日間水分をたった揚句食事は全部こんにゃくゼリーです。





ちなみに言えば一切合戦に出ないで内政ばっかりやる平和主義政策もとれるが
それではTWと逆で

何が面白いんだかわかんない となる。

それに対人戦が目標でおっぱじめたってえのに内政バカになっては

目標を見失った人生ってか武将生?になってしまう。





それはまずい。時間の無駄遣いである。

よって、自らの心を強く保つためにも、精神的に背水の陣を敷くことにした。



まずはプレイヤー名の登録と、本拠地となる城の名前を、目標に合致した名前にせねばならないだろう。平たく言えば

決して人に好かれる名前では無く、その可能性がゼロに近い、品性下劣で愚劣で、名前を見た瞬間敵視したくなるような名前。がベストであろうな。



しかしそれが難しい。小一時間ほど部屋をウロウロしながら考える。


候補として仙○官房長官とか上がったが、そいつが大戦果をあげるというのもあまり想像がつかないので、さらに考える。

ゲームを始める前にくたびれてきたが、ここは踏ん張りどころだろう。


が、その意志もあまり長くは持たず、まぁとりあえず人類の半分の敵ならいいだろう(マニア除く)ということで





城主名:列車専門痴漢ロボット
本拠地名:おしりさわり虫
自己紹介欄:2010年中国製 返品不可 粘着系





にした。


うむ、ナイス女性の敵!いいぞ俺!最低だ俺!




というわけで、見事完成した反社会的変態ロボが
獅子奮迅の大暴れを見せ
縦横無尽の大活躍をし
近所迷惑をものともせず
天衣無縫の狂い咲きを見せることを夢見つつも


個人的には遺憾の意を表しながら、次回へ続く。
かっぱ:「PKって知ってるか?PKってのはな・・・」

わし:「ポークカツレツぐらい知ってるわ!なんでもかんでも略すな土偶!




85px-JomonStatue.jpg




その後、はたして土偶という言葉が人に対して悪口になるのかどうなのかということを考察する脱線を経たのち、言葉の本当の意味を知ったのが5年前の春先である。


聞いたところで「ふーん大変だね」程度の認識であった。


それもそのはずボクのシベルン当時LV46。



オールドユーザーの方なら覚えておる方も多いと思うが、当時は50から150ぐらいまでは

ドッペルゲンガーの森2で公平で狩ってLVを上げる

というのが主流であった。実際周りみんなもそうして遊んでいた。

ので頑張って50いくつまでLVを上げて、みなに合流した。


その時PKというものを初めて目の当たりにしたのである。

しかし

①周りにそこそこ強力でPK慣れしてるマキシ・テチがいたこと。

②まだLV的にドンケツだったのでかばってもらえたこと。

シベはとにかく逃げて!ハタトリハタトリ!と音湖ねーさんに口を酸っぱくして言われていたこと。

などの理由からあまり積極的ではなかったが、それでも巻き込まれたり一方的にこられて
倒した倒されたというのはそれなりに経験したのだった。


~その時の感想~

何が面白いんだかちっともわからねえ。
そもそもこのゲームでPKがあること自体がわからねえ。





しかしわからないからと言って否定するのはどうなのか?
それも遊び方の一つではないか?

という疑問は常に頭の中にある。完全に否定は出来ていないのだ。いまだに。





ある日のこと

そのあたりの話題の会話の中でかっぱが言った。

「どうせ我々がやっても楽しめないんだから、もうTWの中ではPKはしなくてもいいし考えなくていいんじゃね?」


とか4年に1度ぐらいしか言わないであろう真面目なことを言い垂れた。
なにか大きな突破口が見えた気がした。


恐らく彼は文章の中の「PKはしなくてもいいし考えなくてよい」ということに重点を置いて言いたかったのだろうが、わしはあえて

「TWの中では」

という言葉だけを重点的に曲解した。

解釈の違いということで処理をし、意思の疎通などくそくらえである。ヒャッホー!



よくわからんが、そういうわけで
クラブが過疎っている合間を見つけたので

①じゃあもっとライトな

②PKがゲームのウエイトの大半を占める

③んでもって張り付いていなくていい

そんなゲームをやってみることにしたのである。



長くなりそうだしネタは小出しにしないともう最近はもたなくなってるので

~②に続く~
というわけで

異様に軽くなったTWに戻って来ました。

そろそろ落ち着いたころだろう&今度はあっち(LH)がアブナイので、というまぁ仔さんの進言から
当分は両方をにらみつつという形での復帰です。



まずはリハビリがてらみんなでネオテシスへ行く。

空気を読む=大人?

操作は体が覚えてた。だが

覚えてなくていいネタのタイミングまで覚えてた。いいか、悪いか。





城攻めに行ったら


あらよっと


まさに1年ぶりにLVが上がる。
今回はエディよりスローペースである。









しかし本体のアカウントは覚えていたが、サブアカウントのパスワードを

すっかり忘れてもう半年。さすがに思いださんだろう、と諦めていたら




8月分のガス料金の請求書を見てたら突然思い出した。
ピンチをチャンスに変える東京ガスのファインプレーである。



しかし資産・装備的に酷い状況であったのは記憶のすみっこにあった…。

どんな状況だったか思い出しながらINすると…


激動の昭和

上には上がいた。








案外すんなり馴染んだ新しい子と新しい環境の中、やっぱり変わらない元の生活。
懐かしいやら嬉しいやら…








次の日「ゴッグ」になってた。





バーカー





へうげるってなんだ?











だがしかし




大丈夫かなこの子…




キミは少しは変わらないといけないと思う。






... 続きを読む
知人に総務省にいるやつがいたので、あった時にちょこっと聞いてみた。
来年の7月までに、あれ、できんのか?と。


「いや、100%ムリだし。」


ん・・・正直なヤツだ。


でも国自体が力入れてるからミラクルもあり得るかも、とか官僚らしい答弁をいただいたところで

最近のSS


おっきいおじさんがいたので
金おじさん







近づいてみたら
ゴールドおじさん







叱られた。思ったより大きかった。
金ファーザー


気の短いおじさんにぺちゃんこにされてみた。
だがそれがいい!













ネカマと人妻と軍人と私の会話
普通の会話

甘いものが大好き!という魂は門地・年齢・性別・職業を
一切問わないのねぇ。









酒の話にスイッチしたら女子高生が参戦。
あんた年齢いくつだっけコラ??

細菌の会話

そして必ず丁寧かつ的確なサイズのわかりやすいオチ。
ミンファさん乙!
だが!それがいい!!




~でもよく考えたら思ったこと~
軍人さんのPC + 「最近」より「細菌」のほうが優先される変換頻度 = たいへん
ミンファって特殊部隊とか研究部隊じゃねえよな・・・。









人がたくさんいたのでダマになってダンス。
グロ注意

うん、マジできめぇww
だが!!!それがいい!!!!1





せっかくだから後ろからも撮ってみた。

※グロ注意・18才未満のお子様には決して見せないでください。





... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。